SAKATA YUKIMASA

坂田幸雅の作品集

  • 2019.3

    坂田幸雅 京都タワー

    「京都再考 京都駅あたりを俯瞰で見る」

    アクリラガシュ絵の具 100F(162cm×130cm)

    京都の町を俯瞰で描いています。今回は京都駅を北側の上空から。

    ...制作記録を紹介中

    2019年独立新人選抜展に出品・奨励賞

  • 2018.10

    坂田幸雅 京都タワー

    「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

    アクリラガシュ絵の具 130F(163cm×194cm)

    京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、 実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

    2018年独立展に出品・山田文子賞

  • 2018.10

    坂田幸雅 五条大橋

    「京都再考 五条大橋あたりの鴨川上空からの風景」

    アクリラガシュ絵の具 130F(163cm×194cm)

    一昨年、鴨川の西側、五条通りを下がった、高瀬川沿いに町家の宿を持ちました。 古くからの町並みが残る一角でしたが、ここ数年で急に宿泊施設の建設ラッシュで、変わろうとしています。 どのような町になっていくのだろうか。

    2018年独立展に出品

  • 2017.10

    坂田幸雅 四条大橋

    「京都再考 四条大橋あたりの鴨川上空からの風景」

    アクリラガシュ絵の具 130F(163cm×194cm)

    京都らしい風景。鴨川にかかる四条大橋、四条河原町の交差点もそう思える場所ではないでしょうか。

    2017年独立展に出品

  • 2017.10

    坂田幸雅 五条大橋

    「京都再考 四条大橋あたりの鴨川上空からの風景」

    アクリラガシュ絵の具 130F(163cm×194cm)

    昨年、鴨川の西側、五条通りを下がった、高瀬川沿いに町家の宿を持ちました。 古くからの町並みが残る一角、思い切って真上からの構図で描いて見ました。

    2017年独立展に出品 2017年3月関西独立展に出品

  • 2016.10

    坂田幸雅 祇園花見小路

    「京都再考 祇園花見小路あたりの風景」

    アクリラガシュ絵の具 100S(163cm×163cm)

    京都で瓦屋根が並ぶ残されたエリア、祇園の花見小路を俯瞰で描きました。

    2016年独立展に出品

  • 2016.10

    坂田幸雅 京都の風景

    「京都再考 京都の風景」

    アクリラガシュ絵の具 100F(162cm×130cm)

    東山の料理屋の庭から眺めた東山の風景。

    2016年独立展に出品 2017年3月関西独立展に出品

  • 2015.10

    坂田幸雅 京都の風景

    「京都再考 豊国神社あたりを俯瞰で見る」

    アクリラガシュ絵の具 130F(163cm×194cm)

    京都、東山の豊国神社あたりを俯瞰で描きました。一部の建物を瓦屋根の建物に書き換えるなど、京都らしさを探求さいた作品。

     

  • 2015.10

    坂田幸雅 毎月21日は東寺の骨董市へ

    「京都再考 毎月21日は東寺の骨董市へ」

    アクリラガシュ絵の具 100S(163cm×163cm)

    空撮した際、目に止まった東寺。撮影日が21日で境内で縁日が開かれていました。

    2015年独立展に出品