SAKATA YUKIMASA

坂田幸雅の作品

  • 2018.10

    「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

    アクリル 130F(163cm×194cm)

    京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

    独立展に出品

  • 2018.10

    「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

    アクリル 130F(163cm×194cm)

    京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

    独立展に出品

  • 2018.10

    「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

    アクリル 130F(163cm×194cm)

    京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

    独立展に出品

2018年

坂田幸雅 作品

「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文

2018年

坂田幸雅 作品

「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文

2018年

坂田幸雅 作品

「京都再考 雲間から京都タワーの見える風景」

京都の町を俯瞰で描いています。瓦屋根が並ぶ町並みがもう少しあると思っていたのが、実際に上空から眺めてみるとごくわずかに感じられました。 俯瞰で描き始めた数年の間でも瓦屋根の建物は目に見えて減りました。 京都はこれからどのように変わっていくのだろう。 魅力ある街として発展していくことを期待しながら筆を持っています。

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文

2018年

坂田幸雅 作品

『京都再考 鴨川の五条大橋辺りから俯瞰で望む』

説明文